元国際線CAママの東京で育児!

育児をたのしく笑顔で!をモットーに子連れスポットや英語教育、オススメの育児情報を発信

子連れスポット

公園・遊園地・動物園が全て一度に楽しめる!あらかわ遊園に行って来ました

投稿日:2018年10月14日 更新日:

荒川区にある、都内唯一の公営遊園地に行って来ました!

広さといい、混み具合といい、遊べるものといい、小さな子供には最高の場所だったのでご紹介したいと思います。

近所の公園に飽きて、でも遊園地に行くほどの意気込みでもない時、ふらりと行くにはとってもいい場所でした。

今回2歳10ヶ月の子供とあらかわ遊園でのレジャーをレビューします。




あらかわ遊園のオススメポイント

とにかくコスパがいい

なんと、入園料大人200円。

未就学児、無料。

子供は小中学生は休日のみ100円で、平日無料という安さです。

アトラクションの乗り物に乗るのにはそれぞれお金がかかるので、別途チケットを買う必要もありますが、それでも一回乗るのに100円、200円かかるくらいです。

チケットは単券ではなく回数券で買ったり、入園料とのセット券で買えばもっとお得に遊ぶこともできます。

私が行った時は秋田のお祭りフェアだった為なのか?、入園料が無料でした。

無料の開放日は他にもあり、こどもの日(5月5日)、都民の日(10月1日)、あらかわ家族の日(毎月第三土曜と翌日の日曜)には18歳未満の子供を連れて優待券を持参すると入園料が無料になります。

お財布に優しい。

さすが公営の遊園地だなと思いました。

小さな子供でも乗れる・遊べるアトラクションがほとんど

メインのアトラクションといえば、ジェットコースター、メリーゴーランド、コーヒーカップ、園内を回る豆汽車、スカイサイクル、観覧車などがあります。

年齢制限がないものは、観覧車・メリーゴーランド・豆汽車です。

ジェットコースター、コーヒーカップは3歳以上ですが、身長制限の80cmはクリアしていたので、乗せてみました。

スカイサイクルは4歳以上の年齢制限があり、さすがにペダルはこげないので乗りませんでした。

我が家が乗った乗り物はこちら。

ジェットコースター(ファミリーコースター)

ジェットコースターといえど、本来の名前はファミリーコースターといういも虫型の可愛いコースターです。

なんと、日本一遅いジェットコースターだそう。

初!ジェットコースターデビューでしたが、娘も全然怖がることなく、楽しんでいました。

スピードも比較的ゆっくり、傾斜もほとんどないので小さな子供も楽しんで乗れますよ。

メリーゴーランド

ここのメリーゴーランドは小さな子供用の小さなお馬さんがあります。

そして、この小さなお馬さんはメリーゴーランドによくある上下に揺れるのではなく、前後に揺れながら回転していきます。

珍しいタイプ〜!と思ってしまいました。

豆汽車

動物広場を一周する豆汽車にも乗りました。

木のトンネルをくぐったり、馬小屋の裏を見れたり、遮断機を通ったりと、小さな子供には楽しいポイントがたくさんありましたよ。

広すぎず・混みすぎていない

子連れにはちょうど回りやすい広さだったこともとてもよかったです。

そして、休日にも関わらず、全く混んでいない。笑

もちろん人はいて賑やかではありましたが、アトラクションに乗るのに並んだりすることはなく、待ち時間は常にゼロなのもよかったです。

唯一ファミリーコースターで数分待ったかな。

そんな程度です。

動物とのふれあいもできる

私が一番よかったと思ったのが、動物ふれあい広場です。

全体的に動物との距離が近くてびっくりしました。

目の前をこんな鳥さんが歩いていたり、

ヤギや羊のいる柵の中にも自由に入って行くことができます。

娘は柵の中を自由に歩いたりご飯を食べたりするところを間近に見れたのはとても嬉しかった様子。

目の前で突然ヤギがウンチをポロポロって出したのには唖然としていました。

そんな自然な姿を見れるのもいいなあと思ってしまいました。

もちろんすぐに飼育員さんがきて排泄物は掃除してくれていました。

あと、娘は初めて猿の餌やりにも挑戦。

小さな子供でも餌やりがしやすいように、台があり、板の上を餌のリンゴを転がしていけばお猿さんがキャッチして餌をあげられるという仕組み。

猿の他にも鹿も同じような餌やりができ、モルモットは直接口元にあげられるような体験ができます。

モルモットはお膝に抱っこも交代でできますよ!

また、娘は年齢が満たさなかったのでできませんできたが、4歳からはポニー乗馬も体験できますよ。

あらかわ遊園でランチはどうする?

あらかわ遊園の中に、キャンディハウスとちびっこ広場売店の2箇所の売店コーナーがあり、焼きそばやラーメン、カレーライス、おにぎりなどの軽食が食べられます。

しばふ広場ではシートをひいてお弁当を楽しんでいる家族も多かったですよ。

我が家はJR高崎線・東北本線「尾久駅」で下車し、徒歩12分歩いてあらかわ遊園に向かったのでその途中にあったカフェに入りランチをとりました。

都電荒川線荒川遊園地前にある「Dish & Cafe TRAM」に行きましたが、3種類くらいからカフェランチが選べて美味しかったです。

近くにはプラレールカフェコテツもあるようで、電車好きの子供にはここもいいかもしれませんね。




夏場にはオススメの水遊び・プールもあり

なんと近くにはプールと水遊びばもあります。

年度によってプールの営業日は異なるようですが、平成30年度は7月14日から8月31日まで営業していたようです。

こちらも中学生以下は150円、大人は350円と、びっくりするほど安いです。

とても広々としていましたよ。

水遊び広場には常時水が流れています。

もうすっかり寒くなってしまったので水遊びはしませんでしたが、夏場はここでも遊べてよさそう。

ゆるい坂に沿ってせせらぎがあり、流れのそばを散策できます。




あらかわ遊園の詳細

あらかわ遊園のHPはこちらです。

アクセス↓

まとめ

一日いても十分遊べるくらい、充実しています。

小さな子供を連れて行くにはとても遊びやすいスポットだと思いました。

夏場は水場もあるのでもっと楽しめそうですが、涼しい季節でも十分楽しめます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加しています↓

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村







-子連れスポット

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

品川シーズンテラスから芝浦中央公園に行くと2箇所の遊具広場があるから行ってみてね

品川駅から徒歩5分ほどのところにある品川シーズンテラス。 港区の芝浦中央公園とつながっており、都会の中でも広々とした公園を楽しむことができます。 前回は子連れにいかにオススメかを記事にしました。 参考 …

【赤ちゃん・幼児プール】東京大田区の萩中公園プールがオススメ!

2歳の娘と一緒に大田区にある萩中公園のプールにいってきました! 初めていってみましたが、とにかく小さな子供でもおもいきり遊べるプールだし、区民プールだから安いし、屋外だけでなく屋内もあるのでずっと炎天 …

【水遊び】2018年リニューアルされた駒沢公園のじゃぶじゃぶ池に行ってきました!

世田谷区にあるとーってもおおきな駒沢オリンピック公園。 春夏秋冬、どんな季節にいっても自然の移り変わりや風の抜ける心地よさがとても気持ちよく、大好きな場所です。 今年の夏は、じゃぶじゃぶ池の改修工事を …

室内遊び☆港区の児童館・高輪子ども中高生プラザがオススメ!

乳幼児を連れてのお出かけの一つに、児童館があります。 遊具施設のようにお金はかからないし、誰でも利用できるのはいいですね! オムツ替えも授乳もできるし、食事をとることもできる! おもちゃや絵本、遊具も …

【赤ちゃん・幼児プール】目黒区民センター屋外幼児プールはオムツの子でも大丈夫!

今年は猛暑のため、水遊びがかかせない毎日となっています。 さて、今日は目黒区民センターの屋外幼児プールに行って来たのでご紹介します。 ここ区民センターは、プールや児童館、図書館、美術館等1つの場所に様 …

名前:kiko 年齢:30代 国際線CAとして10年弱乗務し、現在は2歳の子供の子育て中です。 子供と過ごす毎日の中で、良かったこと・オススメなことを書いています。