元国際線CAママの東京で育児!

育児をたのしく笑顔で!をモットーに子連れスポットや英語教育、オススメの育児情報を発信

知育

【知育】パズルにハマる2歳児

投稿日:

最近の娘のブームは、パズル。

なんか静かだな〜と思って見ると、パズルで遊んでいたりします。

女の子ママあるあるかもしれませんが、とにかく女の子の遊びってママを相手にすることって多くないですか?

おままごとだったり、お世話ごっこだったり、「ママは〇〇してね〜!」「はい、どうぞ〜」って一緒に遊ばなくてはいけないことが多いのです。

男の子が一人集中してプラレールやミニカーで遊んでいる姿をみると本当に羨ましく思います。。

性別差というより、もしかして子供の個性差かもしれませんが。

でもそんなママっ子の娘が静かに一人でパズルをしていて感動してしまいました。

こちら隠し撮り。笑

子供の相手に大変なママさん、パズルいいですよ〜!




パズルの効果

昔からある知育玩具と言われるパズル。

実際どんな効果があるのか調べてみました。

  1. 脳の活性化

視覚情報を元にピースのハマる場所を探し続け、さらに細かいピースを扱い、指先を動かし続けるため脳が活性化されるようです。

目で見て、脳で考えて、指を使ってパーツを扱う。

そのいくつもの作業がパズルを通して一度にできるというところがポイントなのかもしれませんね。

2.右脳機能を高める

もともと幼児期は右脳優位と言われていますが、その大切な時期に右脳機能を高められることはとても大切だと思います。

パズルでは右脳機能である注意力や観察力、感覚的な部分を養うことができるようです。

確かにパズルをしている時の集中力にはビックリしました。

 

我が子のパズルの遍歴と子供の様子

我が家のパズル遍歴についてご紹介します。

何歳で何ピースとかは、本当に子供によってまったく異なると思うので、様子を見ながらよかったら参考にしてみてください。

  • 1歳7ヶ月

ベビーブックの付録のアンパンマン型はめパズルに大ハマり!

本当にしばらくずっとこればかりで遊んでいました。

付録なので強度もないのでなんども糊で補修しながら使っていました。

思えばここでパズルに目覚めた時に色々なパズルを与えればよかったのですが、この時はそのままこれでしばらく遊びいつしかブームが去ります。

  • 2歳なりたての頃

ふとザ・パズルを買ってみて与えてみましたが、どうやら少し難しかった様子。

by カエレバ

 

この時15ピースです。

一緒にやって遊ぶことはあるけれど、一人では決してしませんでした。

この時もう少し簡単なピースの少ないものを与えてみればよかったのかな?と思ったり。

  • 2歳半

ママ友とパズルの話をした時に、まだもっと簡単なピースの少ないものなんじゃない?と言われ、実際ママ友の子もピースの少ないパズルを何度も繰り返して遊んでいる様子を聞く。

簡単なパズルを!と思い、6ピースのこちらを購入。

by カエレバ

 

こちらは簡単すぎたらしく、軽々クリア。

でも、ここで少しパズルの面白さに気づいた様子。

  • 2歳7ヶ月

もう少し難しいものを!と思い次はこちらを購入。

by カエレバ

 

8ピース、12ピース、16ピースが3つ1セットになっているのが良くてこちらにしました。

また、この大きさだとお出かけの時にリュックに入れて持ち運べるのもでき、とても使えました!

このパズルで大ハマり!

子供なりにどうやって完成させていくのをつかんだ様子。

12ピースまでは比較的スムーズにステップアップしていたけれど、16ピースは一緒にかなりやり込みました。

そして完全にできるようになったので、さらにステップアップで次に選んだのがこちら。

by カエレバ

 

30ピースです。

ピース数としては倍だけれど、このアンパンマンは色が1ピースにあまり複雑に入り込んでいないので、ディズニーの時よりやりやすそう!

現在ここでストップ中です。

パズルの教え方、やり方

我が家では次のようなステップを踏みました!

  1. まず私がパズルで遊んで興味を引き出す。(大抵私もやりたい〜!って言い出します)
  2. 私主導でパズルを進めていき、「ここじゃない?」と言いながら誘導したり、最後の1ピースをやらせたり、とにかくピースがハマる楽しさを体感してもらいました。(ハマる瞬間って気持ちいいもんです)
  3. 角のピースを1つ最初にはめてあげます。そこから連想させて絵面をどんどん作っていくことを想像させます。(これ、誰のお顔かな?そうだね、〇〇のおめめはどこにあるかな?など)
  4. 枠の絵から想像させてピースを選んでいくことを教えます。(ここに黄色い足があるね、誰の足かな?この頭誰の頭かな?など)
  5. はめるところまできたら、あとはちょうどよくハマるように「くるくるって回してごらん?」と教えます。
  6. アンパンマンのパズルはレアキャラもよく登場するので、アンパンマンキャラクター図鑑を使って教えたりしてます。
by カエレバ

 

アンパンマン好きにはたまりませんよ〜!笑

ページ数もキャラクター数も多いので見ごたえ抜群です。

子供の様子

「絵面を想像して少しづつ連想してパズルを完成させていく」

というのが基本的なやり方ですが、娘の様子を観察していると、

形そのものを見て同じ形がないかと探している節も見受けられました。

これって思い切り右脳を使っているんだなって思いました。

「これひこうきだよ?」「くもみたい」とピースを彼女なりに知っているものに想像させていたのにもビックリしました。

大人が想像しないようなことを考えたりするのを知れて新鮮でした。

最後に

手軽に知育にいい遊びができるので本当にパズルはいいですよ!

何より、想像力や集中力が目に見えてわかったことが親として嬉しかったです。

ポイントは難易度がその子に合ったものを選んであげることだと思います。

2歳くらいは「できた!」が体感できることがハマる一歩になると思います。

よかったら参考にして見てくださいね。

 

読んだら押してくださると励みになります↓

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村

 

 







-知育

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【知育アプリ】必見!ぐずり防止!dキッズが家庭学習に便利

子供がぐずってどうしようもない時、 どうしても静かにして欲しい時、 ケータイを渡してしまうことってないですか? そして適当に動画を見せることは、周りを見ていてもよくある光景だと思います。 それがいい悪 …

【知育】指先トレーニングにボタン付きパジャマを購入

幼児期に指先をよく使うことが大切であると、久保田先生の本を読んでから意識して指先トレーニングを行っています。 指先を鍛えることは、脳への刺激になるからだそうです。乳幼児だけでなく、老後やリハビリなどで …

名前:kiko 年齢:30代 国際線CAとして10年弱乗務し、現在は2歳の子供の子育て中です。 子供と過ごす毎日の中で、良かったこと・オススメなことを書いています。