元国際線CAママの東京で育児!

育児をたのしく笑顔で!をモットーに子連れスポットや英語教育、オススメの育児情報を発信

インテリア・収納

【2歳児のクローゼット】出来た!をつくる自分でできる仕組みづくり

投稿日:

娘も2歳さんになり、自分で自分のことを少しずつやりたがり、そして出来るようになってきました。

お風呂から上がったら、用意してあったオムツとパジャマを自分で来たり、

おしっこやうんちが出た場合は、自分でオムツをもってきたりします。

そろそろもう少し自分でできることを増やしてもらおう!と考えまして、

クローゼットの大改革をおこないました。




 

具体的には、

  • 自分で衣類を選べるようになること
  • 自分で衣類が取れるようになり、準備ができるようになること

この2つを目標にしました!

 

今までは私が管理するだけだったので、クローゼットの中に引き出し収納をしていました。

by カエレバ

 

大人の私に取ってはクローゼットにもピッタリで使いやすかったのですが、2歳児の娘にとっては、クローゼットの扉をあけて、収納ボックスを引きだして服を選ぶことはとても難しいようです。

特に、我が家はよくある奥行きのあるクローゼットのため、手前の服ならともかく、2歳児が奥にある服を探すのは絶対無理です。

 

そのため、2歳児の子供でもできるように、クローゼットを開けたら、すぐに全衣類を見渡せ、わかりやすく、とれるようにしてみました!

 

 

シーズンオフの衣類や普段使わない小物は引き出しに入れています。

娘が選びやすい、取り出しやすいオムツ、靴下、下着、パジャマ、ズボンを手前におきました。

トップスやカーディガンの羽織りもの等は奥に置き、今は取るときは一緒に選んでいます。

 

使用したのは、IKEAのSKUBB収納ボックスです。

 

by カエレバ

 

これ本当に便利です!

そこにファスナーがついていて、使わない場合はペタンコに畳んで置けるのです。

FIT’Sの収納ボックスの上にもピッタリでした!

 

子供の様子をみていると、手前にあるものは全てあるものを理解しているようです。

 

そしてクローゼットの改革をしたら、こんなことが出来るようになりました!

 

  • 今まで通り、オムツを変えたいときはオムツを取ってこれる。
  • 出かけるときは靴下を取りに行く。(我が家では、家の中では裸足のため、外出時のみ靴下を履いています。)
  • お風呂から上がると、自分でクローゼットに行き、オムツ、下着、パジャマを取り、着ることができる。
  • ズボンが汚れたり、濡れたりした場合、替えのズボンを自分で取ってこれる。

 

少しママの私がラクになりました〜。笑

今までは当たり前ですが、全てママが用意をし、取りに行き、出かける前などはとにかく大変でしたが、このような仕組みにしたら、声かけをするだけでいいのでとてもラクです。

2歳児も戦力になるんです!

特に、「自分でやりたい!」という気持ちで溢れる時期だからこそ、その力を利用し、自分でできる仕組みを作ってあげるのも大切なんだなと感じました。

 

最近はモンテッソーリ教育のこの本を読んでから、子供の自立についてよく考えるようになり、今回のクローゼット大改革へとなりました。

 

 

手を出しすぎず、でもまだ一人でやるには難しいことが多いので、少しでも環境を整え、自立を助けるようなそんな仕組みを作ってあげたいなと思いました。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

読んだらこちらを押してくださると応援クリックになり励みになります!

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村







-インテリア・収納

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2歳】子供用の机と椅子を導入したら嬉しいことが!

子供がお絵かきしたり粘土をしたりするときに、子供用の机や椅子があるととても便利です。 だいたいおもちゃで遊んでいる時は、床で遊んでいるので、お絵かきや粘土の時だけダイニングテーブルに移動して遊ぶという …