元国際線CAママの東京で育児!

育児をたのしく笑顔で!をモットーに子連れスポットや英語教育、オススメの育児情報を発信

育児悩み解決

【解決法】離乳食・幼児食で野菜を食べてくれないのにはワケがあった!

投稿日:2018年3月10日 更新日:

「離乳食を食べてくれない」

「特にお野菜を全然食べてくれない」と、悩むママパパさんは多いと思います。

我が子も2歳になりましたが、これまでに食べてくれない時期がありました。

色々悩んで、様々な方法を試しました。

そこでよく観察してみたらわかったことがありました。

今は2歳にしては野菜もよく食べますし、好き嫌いもそこまでないように感じます。

その中で、野菜を美味しく食べるための方法をご紹介します。

是非試してみてください。

 




 

圧力鍋で火を通す

これは試してみるとよくわかると思います。

同じ野菜でも、柔らかさと甘さが増すようで、かなりの確率で食べてくれます。

人参を例にとってみても、柔らかくするのに、電子レンジを使った場合、茹でた場合、圧力鍋で火を通した場合、全然味が変わります。

また、甘さだけでなく、意外と固くて食べたくないというのはよくあるようです。

圧力鍋なら短時間で柔らかく甘くなるので、本当にオススメです。

圧力鍋は時短にもなるし、なんでも美味しくなるので我が家ではかなりの登場回数です。

我が家ではドイツのキッチンメーカーで有名なWMFの圧力鍋を使っています。

かれこれ10年近く経ちますが、まったくビクともしない丈夫なのは、さすがだなと思います。

 

by カエレバ

 

スープにする

お野菜をそのままだと食べないけれど、お味噌汁・スープにしたら食べるというはケースはよくあることです。

なので色々なスープを作ってみたところ、とても反応が良かったです。

私が愛用しているのがこのレシピ本です。↓

びっくりするくらい美味しく出来るのでぜひ試してみてほしいです。

特に赤ちゃん・子供向けではありませんが、余計な味付けをしなくても美味しくできるレシピなのでかなり愛用しています。

そしてストックできるように書かれていたり、アレンジできるように紹介されているところもよかったです。

ポタージュの味付けもコンソメなども使わないレシピで、味付けはお野菜とお塩だけなんです。

それなのにとっても美味しく作れます。

私が思うにポイントはよく炒めた玉ねぎ(長ネギ)と、ホーロー鍋でじっくり火を通し野菜の甘さを引き出すことかなと思います。

 

切り方を変える

みじん切りがいいのか、乱切りがいいのか、細切りがいいのか、月齢や年齢、好みによって変わってきますが、野菜は切り方で大きく変化することを学びました。

離乳食の場合は舌触りで嫌だと感じることも多いようなので、なるべく食べやすい形に切り、柔らかさにしてあげることが大切かと思います。

片栗粉でトロミをつけてあげる味付けも同じような視点だと思います。

口に入った時にストレスなく食べられることを意識してみるとわかりやすいかもしれません。

幼児食の場合、味付けと切り方で反応がかなり変わってくるので、子供の好きな切り方を見つけてあげるといいと思います。

娘は人参を食べない時期がありましたが、千切りにしてみたら「にんじんメンメン!」といって麺を食べるように好んで食べ始めました。

また、かぼちゃはよく煮付けにしていましたが、なかなか食べてくれませんでした。

そこで、サイコロ状にして少しレンジで柔らかくしたものをバターでカリッと焼いて出したらお菓子のようにポリポリ食べてくれました。

切り方は本当に色々あるので参考になります↓

 

調味料を使ってみる

離乳食では、なかなか最初は味付けをすることはないかもしれませんが、少し慣れてきてパクパク期になったら調味料を使うことをオススメします。

なかなか味付けをすることを最初は躊躇しますが、1歳を過ぎたら食べ物の美味しさを広げる意味でも使うといいですよ。

その中でも、ごま油はとても風味がよく意外にも子供は好きなようなので試してみてください。

子供がよく嫌いとされるピーマンもごま油で柔らかく炒めたり、もやしをごま油でナムルにしてお塩で少し味付けするだけでもよく食べてくれ、びっくりしました。

また、ポン酢のような酸味のあるものも意外と子供は好んだりするので出汁醤油に飽きてきたらポン酢投入してみてください。

ゴマはアレルギー表示推奨品目20品目にもあるので、最初に与える際は注意してくださいね。

 

あえて最初あげないで、大人だけが食べる

2歳前になってくると、大人と同じものを食べたくなり、真似をしたくなってきます。

この成長を上手く使うと意外と克服できることがあります。

ママとパパが美味しそうに食べてみせてみることがポイントです。

「おいしいね〜」「あまーい!」と言いながら興味を誘います。

興味を持った様子を見せても、まずはあげません。

焦らします。笑

それでも「おいしい〜」と言いながら食べ、どうしてもって言われたら小さく切って少しだけあげます。

そこまで焦らされて食べたら、なぜか必ず美味しく感じるのです。

不思議と。

「ね!おいしいよね〜」と大げさに美味しさを分かち合います。

その時、美味しいという印象を強く与えることがポイントです。

数回繰り返すと食べるようになるので是非試してみてください。

まとめ

離乳食・幼児食を経験して、我が家で成功した野菜を美味しく食べるコツをご紹介しました。

子供はとても柔軟性があるので、昨日ダメだったことも、方法を変えたら大丈夫になることがあります。

諦めないで、色々試してみることが大切なんだなと勉強になりました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

読んだら押してくださると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村







-育児悩み解決

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

卒乳を親子笑顔で成功させる方法【体験談】

・離乳食を安定して食べるようになってきた。 ・もうおっぱいが出ていない気がする。 ・歯が生えてきていて授乳が痛い。 ・そろそろずっと我慢してきた大好きなコーヒーやお酒を飲みたい。 ・ママの仕事復帰前前 …

【2歳半】質問攻めにイライラしない!我が家の対処法

言葉がどんどん出るようになってきた2歳半の我が子。 お話が普通に成立するようになって楽しい〜! と思ったのもつかの間。。 最近では、なになに?の質問攻めにグッタリすることもしばしば^^: 特に我が子は …

2歳を過ぎたら、オムツはマミーポコが一番いいとオススメしたい!

生まれてからオムツ卒業のその日まで、子供のオムツは365日毎日使うものです。 数あるオムツメーカーの中からどんな基準でオムツを選んでいますか? 新生児の頃は、「とにかく肌に優しいもの」を一番に考え、選 …

ついに生協始めてみました!

子供が2歳を目前にし、ついに生協を始めました。   今までもなんとなく検討したことや、近所をベビーカーを押しながらスーパーの袋を持っていると、生協の方からお声をかけてもらうこともあったのです …

2歳児ってお昼寝しないの?ママのイライラを解消し子供のぐずりから解放される一日スケジュール

2歳3ヶ月でついにお昼寝をしないようになってきました。 よく、「午前中にしっかり外で遊ばせて疲れさせてお昼寝をさせましょう」と育児書には書いてありますが、そのようにしても寝ないものは寝ないのです。 だ …

名前:kiko 年齢:30代 国際線CAとして10年弱乗務し、現在は2歳の子供の子育て中です。 子供と過ごす毎日の中で、良かったこと・オススメなことを書いています。